動物愛護 of バジル オフィシャルサイト

Logo_ColorA.jpg





ダイナミックで透明感のあるボーカル、メロディアスな楽曲、ピアノをメインにしたサウンドの爽やかポップスユニットです。

まえがき

一日に数百頭ほどとも言われている殺処分。
それは安楽死とは程遠く、炭酸ガスにより30分ももがき苦しみ死んでいくそうです。
歓迎されない悲しすぎる命…私たちの税金が使われています。

いくら里親を探しても、根本が変わらなければ、同じことの繰り返し。
『守る事と増やさない事』これが大事だと感じています。
日本は、動物問題に対しての知識や関心が低く、取り締まりや法律の甘さ、
定義の曖昧さなどから不幸な動物たちが一向に減りません。
時として、利益のための道具、教育のための道具として使われ、まるで物扱い…
ペットショップやブリーダーなどの実態が知られてない事、また規制の甘さも感じます。

ほとんどの方が、ペットに癒されたり、あるいはかわいいと思ったことはあるはずです。
飼えなくなったから捨てる、責任持てないのに増やす、売れなかったら処分する…
言葉は発せず、人間たちには歯向かうことの出来ない弱いものたちに対して、
あまりに身勝手だと思います。

例えば、今日から誰も『捨てない』『処分場へ持っていかない』としたらどうでしょうか。
買(飼う)う前に、最後まで面倒見れるか、
ペットショップでなく行き場のない子たちの里親になろうか…と、
もう一度考えてみたらどうでしょうか。
少なくとも、仕方ない、どうすることも出来ないでしょと、
見て見ぬ振りをするのは止めようと…
直接結果が出なくても、私たちなりに何か出来るんじゃないかと思いました。

不幸な犬や猫たちを減らしたいと、たくさんの団体の方達が活動されています。
しかし、動物たちを愛する気持ちは同じでも、各団体なかなか足踏みをそろえ
一致団結して進めていかれないのが現状のようです。

私たちバジルは専門家でもなく、あくまでもミュージシャンという立場であって、
もどかしいですが小さなことしか出来ません。
皆さんと一緒に学び考えていきたいと思っています

これからこのページに活動のレポートや報告を載せていきたいと思います。

きっかけ

幼い頃犬は飼っていましたが、猫にはまるで興味もありませんでした。
しかし、2009年から猫を飼うこととなり、たくさんの猫や犬(1匹)と触れ合ううちに
愛おしさが増していきました。
その中の雌猫が初めての盛りを迎え、私も目の当たりにするのは初めて。
毎日声が枯れるほど鳴き続け、甘えたり落ち着かない様子。
増えても飼えないことはないのですが、今いる子たちで充分、
小さいうちに避妊させた方がいいと聞いていたので、
避妊手術をするためにネットでいろいろ探してみました。
そして、衝撃を受ける現実を知ることとなりました。里親…殺処分…
恥ずかしながら無知だった私は、
こんなにも命を粗末にされる犬や猫たちの数の多さにびっくりし、
信じられませんでした。
様々な理由で、飼ったにもかかわらず途中で飼育放棄をする人たちがたくさんいます。
飼ったのも人間の勝手、なら捨てるのも人間の勝手ですか?
そうだとしたら、自分の子も産んだんだから、勝手に捨てていいのでしょうか??
違うと思います。

自分が、もし捨てられた猫や犬だったらどうなんでしょう…。
人間の都合による明らかに身勝手な行動、いったいどこまで許すのでしょうか。
「最後まで責任を持てないならば、飼うべきではない」
「飼えないなら増やしてはいけない」と思うのです。
『人間の勝手で利用されたり殺されたりする命を減らしたい』」
私のように無知だった人間がこう変化するように、
現状を知ってもらえたら何か変わるのではないだろうか。
変わらないかもしれないが…始めなければ何も変わらない。
思ってるなら声に出すべきだ…。

そこで、そういう気持ちをバジルのキーボードアリマさんに言ってみたところ、
快く賛同してくれたのです。

私達の願い、及び活動内容

『不幸な犬や猫達を減らしたい』

動物愛護に関して、人間の意識改革、法律改正、
定義の曖昧さの改善など問題は色々と山積みだと思います。
人も犬や猫たちも共に生活出来ることを望みますが、範囲が広すぎるので以下に絞りたいと思います。

1、飼った以上最後まで責任を持ち、どんな事情であれ飼育放棄しないでください。
2、飼えないなら増やさないでください。(不妊・去勢手術の施行)。
3、飼いたいと思ったら、まず保健所や保護施設での譲渡を考えてください。
4、野良猫に対しての毒餌や捕獲による殺処分等をやめ、
TNRの推進(不妊・去勢手術を施行して放す)を望みます。

以上を掲げ

動物愛護に関する現状を学び、皆様と一緒に考えながらライブやホームページにて伝えていく。
随時ホームページにて活動報告。
チャリティライブやCD売上の一部等、収益金の寄付。(不妊・去勢手術及び老朽化施設の改築のため、
殺処分をしない保護施設へ寄付させて頂きます事をどうぞご了承ください)


バジル YouTubeスライドショー 〜殺処分0を目指して〜

更新履歴
2016年11月 オムニバスアルバム「Love and music and animals」レコ発ライブレポート掲載しました
2016年11月 シンポジウム「殺処分ゼロバブル?」レポート掲載しました
2016年9月 HAPPYあにまるFESTA in かながわ レポート掲載しました
2015年11月 犬猫殺処分0を目指してinたまプラーザレポート掲載しました
2015年11月 映画「犬に名前をつける日」鑑賞記
2015年10月 犬猫殺処分0を目指してチャリティーコンサートin下北沢音倉レポート掲載しました
2015年4月 HAPPYあにまるFESTAレポート掲載しました
2015年3月 映画「みんな生きている」鑑賞記
2015年2月 シンポジウム「日本と海外の動物法を徹底比較する」レポート掲載しました
2014年8月 WE'RE ALL FRIENDSチャリティーライブ 2014inアークヒルズカフェレポート掲載しました
2014年7月 WE'RE ALL FRIENDSチャリティーライブ 2014 in山下公園CafeFlower写真展&ライブレポート掲載しました
2014年4月 福島県動物救護本部ボランティアのレポート掲載しました
2014年3月 埼玉県動物指導センターの訪問レポートを掲載しました
2013年11月 改正 動物愛護法を読み解く シンポジウムレポート掲載しました
2013年9月 WE'RE ALL FRIENDS チャリティーライブ 2013 in吉祥寺カフェフレンズレポート掲載しました
2013年9月 神奈川県動物愛護協会主催 第12回 写真展「The voice for animals」
2013年8月 WE'RE ALL FRIENDS チャリティーライブ 2013 in川崎TheCamp レポート掲載しました
2013年8月 WE'RE ALL FRIENDS チャリティーライブ 2013 in池尻AndyCafe レポート掲載しました
2013年6月 チャリティーコンサートのお知らせ掲載しました。
2013年4月 動物愛護のフライヤーとポスター作成しました
2013年3月 映画「ひまわりと子犬の7日間」鑑賞記
2013年2月 〜ペットショップはどう変わるべきか〜

動物愛護リンク集

神奈川県動物愛護協会

横浜市にある、動物保護シェルターを備えた財団法人

Street Cat's小さな息吹の叫び!

戦場カメラマン中川こうじさんのサイト
ペットと最後まで ペットの終生飼育を目的とした社団法人
川崎市動物愛護センター 川崎市管轄の施設で動物の保護、譲渡の活動などを行っている
横浜市動物愛護センター 横浜市管轄の施設で動物の保護、譲渡の活動などを行っている
さいたま市動物ふれあいセンター さいたま市管轄の施設で動物の保護、譲渡の活動などを行っている
福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト  バジルがチャリティーコンサートで寄付をさせていただきました。被災地での犬猫の保護活動をしています
わんずぺーす  バジルがチャリティーコンサートで寄付させていただきました。非営利の動物保護団体です
福島動物救護本部 バジルがボランティア活動をしている福島三春町にある犬猫保護施設と里親探しの活動をしております。